家族に伝える場合

多発性硬化症であると診断されたら?

多発性硬化症であることを診断された場合、まず最初にされるべきは「家族に伝えること」です。

これは今後、多発性硬化症と上手に付き合っていくために非常に重要なポイントとなります。

 

こうして家族へ伝えることで、身体的及び精神的なサポートを必要に応じ受けることができます。

そこで多発性硬化症であることを家族に伝える場合のポイントと、この病気により家族に与える影響についてご紹介します。

家族に伝える場合

家族の中の誰か一人でも多発性硬化症であると診断されれば、家族全員に大小なり何かしらの影響が出てきます

そしてこの影響がどの程度であるかは、生じる障害の程度によって変わってきます。

 

そして患者本人には、多発性硬化症の経過に対する不安に加え、この経過に家族が対応あるいはサポートが可能なのか、更にそういったサポートが必要になる場合が出てくるのではないかという様々な不安を抱えることになります。

 

そのため中には出現している症状を隠して、自分の体力を過剰評価する傾向にあり、これによって日常生活の中で何か失敗してしまうと、自己に対する失望感を抱くことになります。

 

またこの場合、家族は自分たちのサポートの申し出を断られたという感情を抱くようになり、このことで今後どのように患者に接していけば良いのかが理解できず、その結果、必要な時に満足なサポートを受けられなくなるケースもあります。

 

逆に家族の方が必要以上にサポートに励み過ぎることで、患者がその介護者に対し依存性を高めてしまうケースもあります。

 

このことから、自分に必要なサポートについてより具体的に、そして正直に家族へ伝えることが大切です。

 

例えば具体的に家族側がどのような場面でどの程度のサポートができるのか、そして患者側は自分が希望するサポートの内容や、それに対する家族のサポートを受け入れることができるか否かについて、じっくり話し合ってください。

 

またできるだけ家族にかかる負担を軽くするためにも、家族以外でサポートしてくれる人を考慮し、患者本人と家族がそれぞれで楽しい人生が送れるようにしていきましょう。

 

多発性硬化症の人は、休息と活動のこれらのバランスが重要になるため、睡眠時間を十分にとって、できるだけ疲労を感じるような事は避けなければなりません。

 

具体的に例えば、家族と共に行動する時間帯を変更したり、夜更かしをしないようにしたり、適所に休憩を入れたり、作業の時も1度にやろうとせず何度かに分けて少しずつ行うなど、これらを心がけていくことで疲労を回避していくことができます。

 

このように多発性硬化症であることを家族に伝えることは、その後の生活も左右される事から、まずは家族とじっくり話し合う時間を設けてみましょう。

 

そして症状やサポートなどについて正直に伝えることが大切です。

スポンサーリンク