妊娠と性生活について

多発性硬化症と性生活

多発性硬化症になることで器質的な影響と心理的な影響によって性生活に何かしらの問題が生じることがあります。

この性生活の問題についても、他の障害や症状によって生じる問題と同様に、きちんと向き合って対処法を見つけていくことが大切です。

 

そこで多発性硬化症で起こる性生活の問題を克服して、可能な限り正常な性生活を送るために心がけていただきたいポイントをご紹介します。

性生活と女性の妊娠について

多発性硬化症は比較的若い年齢でしかも男性より女性に多く発症するといわれています。

そのため若い女性にとって多発性硬化症と妊娠のこれらは、非常に重要な問題となります。

 

しかし妊娠して赤ちゃんを出産するということは、人の親になるということです。

ですが多発性硬化症である場合、人の親になる前に考慮しておかなければならないことは数多くあるのです。

 

性生活もそのうちのひとつで、この性生活は多発性硬化症を患っていなくとも生活をしていく上で大変重要なこととなります。

 

そしてこの性生活に対する問題を克服していくために、パートナーを始め医師や自分と信頼関係を築けている人との人間関係が大切になってきます。

 

また例え健康な状態であったとしても、病気を患っていたとしても、多くの人が性問題について誰かに相談するなどで話し合っていくことを難しいこととして捉えています。

 

しかしこうした問題を誰にも相談できず、どんどんその悩みが深刻化していき、引きこもりになってしまうなど一人で悩む事は悪循環に陥りやすくなります。

 

そのためパートナーや医師など信頼できる人に性生活についての悩みを相談し、上手く対処していくことが大切です。