休日や旅行について

多発性硬化症と休日

誰にとっても仕事から解放され、好きな時間を過ごせる休日はとても貴重なものです。

 

特に疲労やストレスを回避しなければならない多発性硬化症である場合、休日は非常に重要です。

多発性硬化症と旅行について

もし旅行に行く予定があり、その当日を迎える前に多発性硬化症であると診断されてしまった場合、わざわざ旅行をキャンセルする必要はありません。多発性硬化症の人もそうでな人と同じように旅行を楽しむ事ができます。

 

但し旅行前にしっかり準備しておくことが重要です。

 

そのため旅行計画についても自分の症状や体力などを考慮し、医師にアドバイスを求めしっかり計画を立てることが大切です。

 

そんな旅行から得られるものとしては、普段の日常から離れることで気分転換が図れたり、旅行先で受ける新たら刺激などがあり、これらはいずれも例え普段の生活で何かしらの制限があったとしても、多大な活力源となります。

 

また旅先では日頃滅多に対面することのない状況に陥ることもあり、これに対処するため日頃滅多に使われることのない運動能力を活かせる機会と巡り合うこともあります。

 

そのため今の自分の体力がどの程度なのかを知るいい機会となる場合もあります。

 

旅行で行く先は?

多発性硬化症である場合、海外旅行を始め予め準備が十分にされていない状態で熱帯地方に旅行に行くことは、できれば避けていただきたいものです。

 

何故なら多発性硬化症の人の中には、熱に弱いとされる人もいるためです。

 

そのため入浴後の体温が上昇した時に症状悪化が見られたことがあって、熱に弱いと自覚している人は、赤道付近で気温が高い地域へ旅行に行かれるのはやめておきましょう。

 

このような高温や高湿である気候や日光を長い時間に渡って浴び続けることで、多発性硬化症の症状が悪化することも考えられます。

 

中でも高温の場所に身を置いていると身体機能の低下がみられる他、急激な気候の変化も避けるようにしましょう。

 

もちろん旅行先で起こる症状の現れ方には個人差があるものですから、旅行計画を立てる時には症状や病気の経過をよく考慮しながら決めていきましょう。

 

また折角の楽しい旅行もその先で病気を貰って来てしまったのでは台無しです。

そのため旅行先がどこであるかによって、必要な予防接種など事前に対策を講じておくことが大切です。

 

とはいうものの、多発性硬化症の人がワクチンの接種を受けることで、病気の治療に何らかの影響が出る場合もあるため、予め医師に相談しておきましょう。

 

このように多発性硬化症であっても旅行はできるのですが、安全・安心な旅行にするためにも熱帯地方への旅行は避けるなど、旅先の選択には十分注意しましょう。

 

医師と相談しながらしっかり準備をして、充実した楽しい時間を過ごせる旅行にしていきたいものですね。

スポンサーリンク