漢方治療について

多発性硬化症の一般的な治療法

西洋医学的な治療を多発性硬化症に用いる場合、免疫異常がその病態に対し多大なる影響を与えていると考えられることから、ステロイド剤あるいは免疫抑制療法が一般的です。

 

特に多発性硬化症の急性増悪期に行われる治療では、ステロイドパルス療法や最近では血漿交換療法またはインターフェロンを投与するなどの試みがされています

多発性硬化症の漢方療法

最近、多発性硬化症の急性増悪期の治療に漢方薬が使用されています。

この時用いられる漢方薬は柴胡剤の「小柴胡湯」「柴苓湯」「柴胡桂枝湯」などとなります。

 

この漢方薬の柴胡剤には免疫調整作用の他、ステロイドホルモンを増強する働きがあることが明らかとなっています。

 

そのため、症状を早期に改善したり、再発予防に対して有効であることが分り、多発性硬化症の治療にも使用されるようになりました。

 

中でも小柴胡湯には、ステロイドホルモンを増強と分泌を促す働きがある他、免疫調整作用や免疫複合体除去作用、更には抗炎症及びアレルギー作用など、これらの作用があることが知られています。

 

まず小柴胡湯や柴胡剤は「柴胡」が主薬となります。

 

この柴胡にはサイコサポニンが豊富に含まれており、このサイコサポニンが生理活性に富んでいるため、
治療に用いることで先に挙げたそれぞれの作用の効果が得られるというわけです。

 

このことから多発性硬化症を含む自己免疫疾患の免疫機能に関与することで、病態の改善効果を期待できるとされています。

 

また上記の他にも自己免疫の正常化を期待できるとされる生薬が数多くあり、特に活血化於薬の中に見られます。

 

麻痺や運動障害などに用いられる漢方薬

多発性硬化症の数々の症状の中でも特に血虚の症候が強いとされる、手足や半身または片側上下肢麻痺や、運動障害などが見られる場合には、「疎経活血湯」や「独活寄生湯」などが使用されます。

 

また症状が慢性化し「お血の症候」と呼ばれるものがある場合、「血府逐お湯」(駆お血剤のひとつ)などが処方されます。

 

その他、冷え性、疲労感等の症状が強く見られるなど、体力を消耗しているとされる時には、補法を中心とした漢方薬が処方されます。

 

中医学では、病名のみならずそれに伴う症状や個々で異なる体質や体格といったものを重視し、それぞれに応じた処方が行われることで、自覚症状の改善をはかることができます。

 

このように多発性硬化症で見られる様々な症状に対して有効な生薬はたくさんあり、実際の治療にも使用されています。

スポンサーリンク