脳障害について

多発性硬化症と脳障害

多発性硬化症はにも影響を与える病変があります。
特に多発性硬化症の症状としてよく見られるとされるのが、脳の中でも第4脳室周辺の小脳や脳幹部に見られる病変によるものとなります。

 

そして小脳は運動の調節を司る働きがある事から、見られる症状としては四肢の運動失調や立ったり歩いたり座ったりする時に何らかの異常がみられたり、何かをする時手が震えるといった企図振戦などがあります。

 

そして脳幹部の症状として見られるのは、神経麻痺や眼球運動障害、そして両側性でその可能性が高いMLF症候群(核間性眼筋麻痺や失調性眼振とも呼ばれています)などがあります。

 

ちなみにMLF症候群が比較的若い年齢のうちに発症すると、多発性硬化症の疑いが強まるとされています。

脳神経について

脳神経は顔全体の筋肉を支配しています。

顔の表情は脳から指令を受けて、その指令を受けた脳神経が顔面の筋肉を収縮させたり弛緩させることで作られているのです。

 

そのため多発性硬化症により脳神経の機能が低下してしまうと、顔の筋肉を動かせなくなることで表情が作れなくなります。

このことから、脳神経が侵されると顔面麻痺の症状が見られるようになります。

 

また脳神経の中には、眼球を動かす時に関係している動眼神経というものがあり、この働きが悪くなると眼球運動障害が引き起こされる事になります。

 

そして脳の中でも延髄には自律神経の中枢があり、その働きは循環や呼吸運動の制御であることから、この延髄の病変により引き起こされる症状は、呼吸障害、シャックリなどとなります。

 

そしてこの場合、「視神経脊髄型」の多発性硬化症である可能性がある事から、症状を放置しておくと、後になって重度の障害が引き起こされる可能性もあるため、できるだけ早い段階で専門医の診察を受け、多発性硬化症であると診断されると共に適切な治療を受けることが重要となります。

スポンサーリンク